アルファタックルフォトアルバム / alphatackle photo album


アルファタックル、オクマなどエイテック製品を使って釣った魚の写真を募集しております。
掲載させていただきました方にはalphatackleステッカーなど粗品をお送り致します。

※お送りいただきました画像の画質・状況などによって掲載しない場合もございますのでご了承ください。

2017年10月
送信日2017/10/10 釣行日2017/10/9
お名前真鯛大魔王 場所/船宿波崎 浜茄子丸
魚種アカムツ サイズ35cm~38cm
タックル 竿 : HBアカムツ230
コメント 波崎アカムツ釣りも残すところ10月末まで!期待を寄せていざ!出船。実は今回の釣行は10/8、10/9の連チャン釣行で、前日の10/8は、雨の後でアカムツの食い悪く正直言って坊主(笑)。リベンジ心ばくばくで10/9は、なんと写真の通り、アカムツの食い良くリベンジ成功^_^。またもや私の宝物のHBアカムツ230使用!何と同じ竿、3人いました。
送信日2017/10/7 釣行日2017/10/7
お名前さんばそう 場所/船宿和歌山県加太港 三宝丸
魚種真鯛・ハマチ サイズ70cm
タックル 竿 : 沖釣工房西日本 加太真鯛
リール:ダイワ キャタリナBJ200SH
ライン:PE1.5号
コメント 前日夜に低気圧が通過する状況の中、職場のT先生・K先生の3人で和歌山県加太へ真鯛釣りに行って来ました。 地の島北側のポイントから釣り開始となり、すぐに良型と思われる真鯛を掛けたものの20メートルほど底を切ったところで無念の針ハズレ…まだ始まったばかり!と気を取り直して何度も低速巻きで誘っていると今までにない重々しいアタリが!誘い続けると竿先が海面に向かって突き刺さる強烈な本アタリ!ドラグが何度も滑りラインが数度となく引き出されるのを繰り返しながらも竿を信じて丁寧なやりとりを心掛け、やがて海面を割って横たわったのは70センチの真鯛でした。船頭さんが差し出す玉網に無事収まると体から一気に力が抜け、手が震えていました(笑)
寄港後にT先生が船頭さんから聞いた話では、私が大型の真鯛を狙いたいと言っていたのを覚えておられて、朝一に数は出ないものの大型が狙えるポイントに船を走らせてくれた、とのことでした。私のわがままを聞いてくださった船頭さんには感謝の言葉しかありません!
警戒感が強い大型の真鯛に違和感なくビニールの疑似餌を食わせる穂先、そして胴まで引き込まれる強烈な走りを受け止める粘り腰の胴、まさに加太の真鯛釣りの為にあると言っても過言ではない竿だと思います。
今年から加太で真鯛釣りを始めた一年生の私でも真鯛が釣れる沖釣工房加太真鯛230ですが、今年発売されたばかりの海人加太真鯛230は更なる進化を遂げているのかと思うと気になって仕方がありません(笑)
アルファタックル様、本当に良い竿をありがとうございました!